日本高校生中国語スピーチコンテスト

活動紹介

 台北市教育局は2016年から積極的に高校のグローバル化に努めており、国外の高校との姉妹校協定の締結を奨励している。一方、日本の文部科学省は2014年から「スーパーグローバルハイスクール(Super Global High School、以下略称SGHを用いる)」および「スーパーグローバル大学(Super Global University、以下略称SGUを用いる)」創成支援事業を開始した。

 日本におけるSGH・SGUなどのグローバル化政策、中国語学習への興味関心の高まり、そして台北市政府の高校グローバル化政策をふまえて、東呉大学は日本において「高校生中国語スピーチコンテスト」を開催する。本選参加者を6日間台湾に招待し、台湾人大学生・高校生との交流、政府機関・台湾現地企業の訪問見学、台湾文化体験の他、中国語の学習環境を肌で感じる機会を持たせ、台湾の魅力を知ってもらうことを趣旨とする。




お問い合わせはこちら